福島県いわき市かなり進学塾

かなり進学塾のコロナ対策 ・ 座席数を24名から20名に減らしました
・ マスク、手洗い、消毒、換気を徹底
・ 机の間はパーテ−ションで仕切ってあります
小学生の部
教科書中心の授業です。
1対3の個別指導で丁寧に教えます。
塾長が算数を解説としたCD、とても人気です。


日 時:
 ・月、火、木、金曜 午後4:00〜4:50、5:00〜5:50
 
 ・水曜  午後4:00〜4:50

 ・土曜  午後3:00〜3:50、4:00〜4:50

対 象: 4年生から6年生

コース・科目と月謝(税込):
 ・週1回コース 算数と国語 5500円
 ・週2回コース 算数・国語・英語 9900円

入会金(税込): 3300円

・・・・・・・・

算数CD、完成記念プレゼント>

 ・9月、10月は入会金を無料とします

塾長:金成 健(東大卒)
かなり進学塾 TEL.21・4636
ページトップへ戻る▲
塾ニュース 9月号
『子どもの数』

先日、小学生・中学生の生徒数の推移が発表されました。
なんとこの10年で100万人も減っています。

ザックリ言うと、1000万人が900万人に。
10%の減少です。


当地いわき市はどうかと言うと、その倍。
およそ20%の減少。

この数字は、郡山市や福島市も同じくらい。
つまり福島県の主要都市3つは、全国平均の倍のスピードで子どもの数が減っているのです。

・・・

ガーン!
この数字は衝撃でした。

塾の近くにある中学校の生徒数がどんどん減っている。
それは実感としてありました。

さらに県立高校の統合もどんどん進んでいます。
具体的には、この数年で8校が4校になります。

それからすると、「まあ、そうだよね」と言えるかもしれません。
が、それにしても全国平均の倍とは。

いわき市は人口30万人。
それなりに大きいのに・・

・・・

コロナ禍の影響もあって、塾は今、生徒さんの数は少ないです。
じゃ、それが去ったら元に戻るか?

うーん。
この数字を見ると、きびしいでしょう。

さらにコロナ禍をへて、皆さんの行動パターンも変化しています。


新しい塾の形、当塾にとってベストな形は?
日々の塾運営に没頭しながらも、ずっと考えているのです。

他の業界の方も同じかもしれませんね。


塾長:金成 健(東大卒)
かなり進学塾 TEL.21・4636
ページトップへ戻る▲
受験の専門家:指導歴21年の東大卒・塾長


「かなり進学塾は、受験に際して塾長がたくさんの作戦を立ててくれます。

安心して勉強し、受験生生活を送ってください」県立大・合格者。


なぜ作戦を立てられるか?それは21年の指導歴があるから。
この作戦、ひとりひとり違います。人のタイプも違えば、つまずいている所も違う。時期によっても違う。

でも、ご安心ください。
どんな状況にあっても、塾長は的確にアドバイスできますから。それが21年の指導歴なのです。


中間テストや期末テストが返ってきたら、塾長は必ずひとりひとりと面談します。
「じゃ、これからはこんな勉強をしていこうか。それで伸びるよ」。作戦もお伝えします。

テスト後だけじゃありません。
勉強に詰まったら、中学生・高校生の皆さんはいつでも塾長にアドバイスを求められるのです。

安心して勉強できますよ。

ページトップへ戻る▲
指導教科・時間割・月謝
▼指導教科
中学生 数学、英語、国語、理科、社会
高校生 数学、英語、推薦入試

▼時間割
月〜金 PM 5:00〜7:00 PM 7:30〜9:30
PM 2:45〜4:45 PM 5:00〜7:00
※春・夏・冬の講習中は90分授業となります。

▼月謝(税込価格)
 
週1回
週2回
週3回
毎日が塾 入会金
中学生
11,000円
20,900円
29,700円
39,600円 4,400円
高校生
13,200円
25,300円
36,300円
48,400円 5,500円

週1回コースは2年生の12月までOK。
  科目:中学生も高校生も、数学と英語、どちらも学べます。
  定期テストの前は、理科・社会もできます。

※ 体調不良、部活動などで休まれた時は、補充を行ないます。
ページトップへ戻る▲
塾コースのご案内
塾には現在、次の4つのコースがあります。
それぞれのおすすめポイントを書いてみます。


1.週2回コース

これが基本のコースです。1・2年生の皆さんにおすすめ。

中学生は5科目すべて勉強できます。
高校生は、大学受験で最も重要となる数学・英語の勉強ができます。

まず、このコースでいろんな教材を試してみる。塾長のCDも聞いてみる。
当塾には良い教材がたくさん揃っています。そして多くの教材に、塾長の解説CDがついています。

教材って、相性があるのです。
どんなに良い教材でも、この人にはピッタリ合うけど、別の人にはいまひとつ。
そんなことが、よくあります。

ですから成績を伸ばす一番のポイントは、自分にピッタリ合う教材を見つけること。
そして見つかったら、その教材を徹底的に勉強する。

2周、3周は当たり前。大学合格者には「5周やりました」なんてのも。
でねっ、そういう人って有名大学に受かるんです。

週2回コースで自分に合う教材を見つける。
そして見つかったら、とことん食らいつく。

それが成績を伸ばす最大のコツ。志望校に合格する必勝法。
ぜひ週2回コースで、その教材を見つけてくださいね。


2.週3回コース

このコースは中3・高3の受験生の皆さんにおすすめです。
さらに1・2年生でも「勝負をかけて成績伸ばすぞ」という方に。

このコースなら、塾にある良い教材を、次々とこなしていけます。
高校生は数学・英語だけじゃなく、ふだんから理科・社会の勉強もできます。
ですから、めちゃめちゃ実力がつくのです。

高校生へ:

共通テストって、年が明けるとすぐにありますよね。

ですから高校生にとっては、2年生の1月が「残りあと1年」のタイミング。
できればこの時期から週3回でスパートをかける。
遅くとも3月や4月からは週3回にする。

ここぞ!という大学を目指している方は、ぜひそうしてください。

中学生へ:

3年生も、春のうちは部活が忙しいでしょう。
なので、それがひと段落した夏からスパートをかけると良いです。

夏休みには数学・英語の2科目の穴をなくす。塾の夏期講習を活用してくださいね。
そして休み明けの9月からは週3回にして、理科・社会の勉強も始める。

この手順で受験勉強を進めると、無理なく実力が伸びていきます。


3.毎日が塾コース

昨年から始めました。
これまでの週4回コースのお値段で、月曜から金曜の週5日、毎日通える。
ただし、休んだ日の補充はありません。そんなコースです。

実は「自習室ありませんか」という高校生からの要望が多かったのです。
ただ、塾の場所は駅近く。好立地です。
そのような場所で自習室のスペースまでは、とても確保できません。

じゃあ、毎日塾に通えて、しかもお値段もお手頃。そんなコースを作ればいいじゃないか。
そう思いついて始めたコースなのです。

ですからこのコースは、塾を自習室として使いたいという高校生の皆さんにはピッタリです。

いえ、そればかりじゃありません。
中3・高3の受験生の皆さんにこそ、最もおすすめしたいコースなのです。

中3の皆さんは部活がひと段落した夏から、高校受験に向けてスパートをかけます。
そんな時に「毎日、塾に勉強部屋がある」というこのコースは、まさにうってつけ。

そして高校生。とりわけ今の2年生は共通テストが最初の学年。それだけに受験の圧力が、とても強い。
そんな皆さんにこのコースは、心強い味方になるはず。

席数の関係から、中学生も高校生も定員は5名。
よかったら早めに申し込んでくださいね。


4.週1回コース

これは主に1年生に向けたもの。いわば肩慣らしのコースです。

中学校や高校に入って間もない。学校にも、まだ慣れていない。
そこで塾も、しばらくの間、無理なく通えるように週1回にしたい。
そんな要望に応えました。

ですから、本格的に学力をつけるには不十分。塾の間隔が空いてしまうのですね。
まず、このコースを3ヵ月くらい試してみて。期待したほどには学力がつかないなと感じたら、次の週2回コースがおすすめ。


現在このコースは、2年生の12月までに限っています。

年明けからは勉強がぐんと難しくなります。
また高校入試や大学入試も迫ってきます。
どちらも、そこからが勝負所。

そこで、全員週2回以上にしていただき、受験に向けて体制を整えていこうと考えたわけです。

************************

まとめ>

1.週2回コースは1・2年生におすすめ
  塾の勉強に慣れ、自分にピッタリ合う教材を見つけましょう。

2.週3回コースは中3・高3の受験生におすすめ
  1で見つけた教材を徹底的にやり込む。
  2周・3周は当たり前。できれば5周してみましょう。

3.毎日が塾コースは、塾を自分の勉強部屋として使いたい方におすすめ
  「塾に自分の居場所がある」っていう安心感こそ、
  皆さんの学力を飛躍的にアップさせるものです。

4.最後に週1回コース
  ここはできるだけ早く卒業して、週2回コースに進みましょう。
  そうすると、望む志望校は手に入りますよ。

塾長:金成 健(東大卒)
かなり進学塾 TEL.21・4636
ページトップへ戻る▲




Copyright (C) 2004-22 Kanari-Shingakujyuku. All Rights Reserved.