福島県いわき市かなり進学塾


 
 塾に行く日、まだ時間に余裕があったので、私は友達と2人で、セブンイレブンに行きました。私たちはプリンを買うことにし、友達が先に会計しました。
その時、店員が『あたためますか?』と言ったのです。私は耳を疑い、友達の方を見ると彼女はちょっと考えて、『入れて下さい』と答えました。『え!?何で!?』と思い、会計が自分の番になり、何て答えようか考えていたら、『袋に入れますか?』と店員が一言。そう、ただの私の聞き間違いでした。その後、友達にこのことを言ったら、『どうやったら聞き間違えられるの!?』と大笑いされました。
 私の家には1匹の犬(雑種)がいます。こいつ、土を掘るのが大好きで、おかげでこの犬をつないでいる周辺は穴だらけです。『掘るんだったら小判でも掘り当ててくんないかなー。』と家族とも話してました。
 ある日、いつものように土を掘る犬。すると突然掘るのをやめ、何かを警戒し始めました。『もしや…!?』と思い、犬のところに行ってみると、なんとこの犬、モグラを掘り当てたのです。犬の足に体が直撃したのか、モグラはノビていました。はじめてモグラを見た私はビビって、お母さんに『このモグラどうする?」と聞くと『田んぼ』と言って、田んぼに投げ入れました。…それって間違ってないか!?と思いましたが、ツっこめませんでした。
 私の母は最近「X JAPAN」にはまっています。どれくらいはまっているかというと、実は私が買ってきたCDではあきたらず、BOOK OFFで買ってきたらしい数本のライヴビデオを毎日見ているのです。そしてその様子を見た父は私に「俺は一生懸命働いて、お母さんは一生懸命(お金)を使っているみたいだね。」とあきれているのです。でも娘が部屋で勉強しているのにライヴビデオを見ているなんて受験生の母親失格ではないでしょうか?
  私も父同様、母親の熱狂ぶりにあきれています。なにしろ、自分が感動したからと言って、勉強している私の隣で熱弁し、また「この曲好きなの!」と言って私の部屋に居座っているのですから。 この妙な母親を静めるための良いアイディアが思いついた方は私に教えて下さい。お願いします。
 以上、ヴォルテージ、母に抜かれたファン・望月輝でした
 最近東北地方で地震が発生している。震源地は宮城県や茨城県で、とても福島県に近い。
 ある日、私と友達のSは塾にやってきた。2人とも数学が苦手なのだ。頑張って問題を解いている私達を地震が邪魔してきた。私は あっ地震だ と心の中で思ったが、Sは「地震だぁー 」といって私の左腕にしがみついてきた。私は地震より、その事に驚いた。一見Sはたくましそうであるが、違ったようだ。彼女はかよわい(?)女の子だったらしい。また塾で ガタッ とした。また地震か!?と思ったら友達のEだった。Sと私は笑いころげてしまった。このように塾では私とSは災害にみまわれるのであった。
(私とSの事件簿 Part2より抜粋)
P.N/S 17才高校生 
 8月1日山形大学のオープンキャンパスに参加してきました。山形に行くのは、8歳以来だったので、けっこう都会でびっくり!私は医学部のオープンキャンパスに参加したのですが、大学病院の大きさにまたまたびっくり!そして山大医学部の教育方針のすばらしさにもう一度びっくり!!山大をナメていたことを反省させられました…(でも3回もびっくりした私って一体…さらにもう一つ私を引き付けるものがありました。それは部活動です。5歳から書道をやっていて、ある程度の段を持っているので、大学在学中も止めずに続けたいと思っていた私にとって、“書道研究会”は思ってもないもので、この部を目にした私は、山大を専願することに決めました。医学部に入ることは大変だけど、書道の恩師が亡くなる前に国家試験と師範(書道の最高位)と取得したいので、できる限りがんばりたいと思っています。(真面目でしかも長々と書いてしまってすみません)
以上、未来のメディカル書道家(?)望月輝でした
 7月のある日-。いつものようにこの塾でパソコンをやっていた。その時、突然「こんにちわー。」って誰かが来た。ちらっと見たら、見たことある人だった。じーっと見てたら小学校の時の友達だった。それにはすごくビックリした。彼女は小学校卒業後、県外の中学に通っていた。なかなか会えない友達なのでとてもうれしかった。夏休みが終わればまた県外へ行ってしまうので少し寂しい…
匿名希望
楽しいこと
・夏休みになり自転車を使っていろいろな所へ自由に行けること。
・BOOK ACEに行ってカードを作り、使ってアニメのビデオを借りて見ること。
笑えること
・妹が31日に行った水泳大会で、組みの中で1位になった。(背泳ぎ50m)そして50m背泳ぎに出たいわき市の人の中で54人中10位だった。しかしその背泳ぎが、あっちに行ったり、こっちに行ったりでウケた。
悲しいこと
・内郷高校の説明会でイスがなかったこと。
ムカついたこと
・25日に好間高校から家まで歩いて帰ったこと。(だいたい6Km〜7Kmぐらいある)
びっくりしたこと
・好間高校の説明会でジュースが出たこと。
 学校帰りの事です。私はかえるがとても嫌いで、見るのも嫌いです。けれど、そのかえるがよくいる所が一ケ所あります。
 その日はいないだろうと思い、その道を友達と2人で歩いていました。そしたら、道の端に90度の段差みたいな所があります。そこにかえるがいて、登ろうとして結局上がれないで落ちるということをくり返していました。その道はとてもせまいので、そのかえるがいる脇を通るのが嫌でした。けれど、そこを通らないと帰れないので、まず、友達が先に走って通りました。その次に私も走って行こうとしました。そしたら、私のくつにかえるが入った感じがしたので、つい「うわー」って叫び、その時持ってたかばん、かさ、くつ(片方)をその場に捨てて逃げました。友達は驚いていました。その事を言ったけど、私のかばんなどは取にいってくれませんでした。友達もかえるが嫌いです。私は勇気を出して取に戻りました。
そしたら、それは私の勘違いでした。とても悲しかった。けど、とても笑いました。
今は、遠くてもかえるが嫌いなのでちがう道から帰っています。
 夏休みのはじめ、友達5人と海へ遊びに行った時の話しです。
 夏休み前から計画していた話でD君が中心となって計画していました。そして当日A君の家へ皆集まり、そのまま自転車で海へ向かいました。海には他の人たちも結構いて、水着で遊んでいました。
そしてお昼すぎにI君とK君がジュースを買ってくることになり、砂浜で待っていたら、二人がもどってきて、I君があっちの方に同じクラスのY君とO君が居たというので行ってみたら、そこにはO君しかいませんでした。「Y君は?」と聞いてみたら「そこで泳いでるんじゃない?」と指差した所には波の上に小さな人影がみえました。しかしやけに遠いところなので、皆、心配してみていたら、O君が「あれYじゃない?しかもおぼれてるっぽいよ」
確かにそうらしく、皆急いで助けに行きました。Yは卓球部で、しかもカナヅチなのです。後から聞いた話しだと、はじめ一人で小さなビ二ールボートに乗っていたら、そのボートだけが波にさらわれて、取に行こうとしたところ引いてくる波で自分も戻れなくなったということでした。しかもボートは遠くへ行ってしまったらしく取り戻せなかったようです。
 つい最近にまた海にYとOは海に行ったらしいのですが、その時シワシワになって穴のあいたボートが浜辺で見つかったそうです。
 


Copyright (C) 2004-17 Kanari-Shingakujyuku. All Rights Reserved.