・高校生の親御さんへ  ・塾の高校生


※ 高3生は締め切りました。おかげ様で過去最多です。

※夏期講習(2)4:15〜5:45は満席になりました。ありがとうございます。

※「高校生の親御さんへ」「塾の高校生」は毎週更新します。バックナンバーは塾長のブログをどうぞ。
>>塾長のブログ
< 高校生の親御さんへ >
<質問> 高2女子・父

娘は成績が良いです。
進学校にいるのですが、上位。

福島大や茨城大はもちろん、それ以上の国立大も狙えそうです。


でも、模試の成績が良くありません。
学校から模試の過去問を渡されて、それもキチンとやっているようですが、それでもダメ。

定期テストの結果が良いだけに、本人も落ち込んでいます。
どうやったら模試の成績が伸びますか?


<回答>

伸ばさなくてよいです(笑)

えっとね、模試はあくまで模試。
本番とは違います。

模試でA判定を取っていても、落ちる人は落ちる。
もちろん、その逆も。

E判定を連発して早稲田に受かった人もいます。


それでも学校の予定で、何度も模試を受けさせられますよね。
とりわけ3年生になると。

じゃあ、どう対処するか?

まずね、落ち込むのが一番損。

たかだか模試です。
模試は無視。

オヤジギャグだな、これ・・・


では、どう活用するかなんだけど。
せっかく模試に向けて勉強するなら、その過去問はいっさいやらない。

そうじゃなくて、自分が愛用している参考書や問題集があるでしょ。

それのね「ココ、ちょっと不安だな。模試に出るとヤバイぞ」、
そういう所を復習する。

つまりね、模試を利用して、自分の苦手な所を穴埋めしておく。
それも、愛用している本を使って。

そうすると、苦手もつぶせるし、愛用の本も読み込める。
一石二鳥でしょ。

そういうふうに活用するといいです。

で、結果は無視する。
それでも大学には受かるから。

塾長:金成 健(東大卒)
かなり進学塾 TEL.21・4636
< 塾の高校生 >
高3・女子:

定期テストが終わったと思ったら、今度は模擬試験。
テストの連続で、高校生も忙しい日々です。

いわきの高校は、都会の高校に比べ、受験への対応が遅いです。

そのため定期テストでは良い成績を取っている生徒さんでも、模試ではひどい成績だったりします。

そして真面目な人ほど、その結果に悩んでしまう。


生徒「化学のこの問題、うまく解けなくて。何か良い参考書ありませんか?」

2種類ほど持ってきます。

生徒「ダメです。どっちにも載ってません」
塾長「じゃ、それやらなくていいよ」

生徒「えっ。でも、明日の模試に出るとヤバイんじゃ。私、模試の成績が良くないんです」

塾長「気にしなくていいよ。模試はあくまで模試。本番とは違うんだから」
生徒「でも、模試が悪いと、大学受からないんじゃ・・・」

塾長「そうやってアレコレ手を広げるのが一番危ないんだ。 入試まで時間は限られてるじゃない。
だとしたら、コレダという本を徹底的にモノにする。それが受かるコツだよ」



彼女はまだ腑に落ちないようです。

でも、長年受験生を見てきて。

模試の結果に一喜一憂して、勉強のやり方をコロコロ変えるタイプ。
これは本番で良い結果を残せません。

愚直なまでに「この参考書、一直線」。
そういうタイプのほうが、志望校に受かっていきます。

模試に振り回されないでね。

塾長:金成 健(東大卒)
かなり進学塾 TEL.21・4636