※「塾の高校生」は毎週更新します。
バックナンバーは塾長のブログをどうぞ。
>>塾長のブログ
< 塾の高校生 >
高3・男子:

土曜の5時すぎ、Aくんが塾にやって来ました。
模試を終えてきた、とのこと。

塾長「お疲れさま。どうだった?」
生徒「昨日は授業のあとに英語。今日は残りの5科目。先週も模試だったので、2週連続です」


そうなんです。
この時期、模試が続きます。
1ヵ月のうち、週末に模試がないほうが少ないくらい。

生徒「こんなに模試ばかりで、頭が回りません。意味あるんですか」

ボヤキが出ます。
が、その気持ちも理解できます。

模試に使う時間とエネルギーを、たとえば教科書や使い慣れた参考書の勉強にふり向ける。
そのほうがずっと入試に強いです。

模試はもっと少なくてよいでしょうね。


生徒「ただ、模試やってて気になることが。英語の点数が伸びないんです。とくに長文。で、参考書なら塾長。なにか良いの、ありますか?」

3冊ほど持ってきます。

塾長「このあたりかな。どれかピンとくるの、ある?」

彼は真剣に見比べています。
しばらくして彼の席にいくと、すでにある教材を始めていました。


塾長「それ選んだんだ。それさ、A大に受かった先輩がやってたやつだよ」
生徒「A大ですか!」

彼の目が輝きました。
実は彼もA大を志望しているのです。

こうなれば、もうやり切るしかないですね。
ファイト!

************

転載とか、ご自由にどうぞ。歓迎です。

塾長:金成 健(東大卒)
かなり進学塾 TEL.21・4636