福島県いわき市かなり進学塾
秘伝中の秘伝、公開します!

このページを開いていただき、ありがとうございます。
ここでは皆さんに「かなり進学塾」が持っている最高のエッセンスをお伝えします。
いわば「秘伝中の秘伝」ですね。

これが分かったおかげで、私自身、東大・文1に合格することができました。
また塾からも同じく東大・文1の合格者を誕生させることができました。

国立大だけではありません。
私立大もこの3年、慶応・上智・早稲田とトップ3校に、立て続けに合格してきました。


このような大事なことを無料で公開するなど、これまで思いもよりませんでした。
しかし、ある出来事がすべてをくつがえしました。
そうです、3.11です!!

この未曾有の災害は、いわきの皆さんに大きな被害をもたらしました。
地震・津波で家屋を破壊された方はたくさんいます。生命を奪われた方さえいます。

また原発事故は、いわきの子どもたちの未来に暗い影を落としています。
復興はまだ道半ばです。

故郷のために何かできないか?
あれこれ考えた末、塾のホームページを活用して、私は今まで出来ることをしてきました。



その1:中学生・数学>>

学校で配布される「はまっこ新聞」に、「磐高への数学」というオリジナル問題を連載しています。
ホームページでは、その解説も聞けるようにしました。

さらに県立高校入試・数学の解説も、過去5年分をアップしました。
こちらは人気です。みんなが苦しむ問題7は、300回も再生されたものがあります。



その2:高校生おなやみ相談>>

これまで塾で数多くの高校生を教えてきました。
そして、たくさんの悩みにも出会いました。 それらをどう切り抜けていったのか、そのコツを語りました。

こちらは爆発的に人気が出ました。
2年足らずで、先ほどの中学生・数学とあわせた再生回数は10000回を突破したのです!!



以上2つの企画は、しっかりと皆さんのお役に立ったようです。
嬉しかったですね。


そして今回の企画「一流大学・合格」が第3弾。真打ち登場、です!!

  東大・赤門  

私の夢は、いわきから続々と一流大学に合格する高校生を誕生させてあげることです。
いえ、「夢」なんかではありません。近いうちに必ず実現させる「具体的な目標」です。

いわきの高校生は、秘めている能力は高いです。とても高い。
でも、残念ながらその能力を発揮するすべを知りません。
そのため一流大学に合格するチャンスがありながら、みすみす逃している方がたくさんいます。

受験にはコツがあります。踏み外してはいけない鉄則があります。
そこさえ押さえていれば、どんどん一流大学に受かっていけます。



これからそのコツを公開します。秘伝中の秘伝です。
しっかり読んでくださいね。

それだけでは満足できないという方、どうぞ「かなり進学塾」へいらしてください。

物事をマスターする一番のコツ、それは師匠のそばにつくことです。
半径1メートル以内にいて、同じ空気を吸い、師匠のエネルギーを全身で浴びる。
すると、何か分からないけど「うまくいくソフト」みたいなものがインストールされるのです。
知らない間に。
私自身がまさしくそうでした。

ですから文章で、出来るだけのことはお伝えします。
でも、それだけでは不十分、もっとしっかり学びたいという方、どうぞ塾へおいでください。
そして、「うまくいくソフト」をインストールしてください。

そんな皆さんを、心より歓迎します!!

*********************************************

このページは次の3つで構成されています。

(1)医学部の目指す皆さんへ 詳しくはこちらを

(2)早稲田・慶応・上智を目指す皆さんへ詳しくはこちらを

(3)東大・東北大を目指す皆さんへ 詳しくはこちらを

それぞれのボタンをクリックすると、該当する所へ飛んでいきます。
お楽しみください!!

*********************************************

合格ラインの具体的な目安:

 磐高30番、桜丘高トップ3
 東大クラスのみ磐高トップ3


けっこう高いでしょ。
でも、これくらいでひるまないでね。
ページトップへ戻る▲

  東大・正門  

医学部を目指す皆さんへ
いいですね。実にいい。
高い志を持った皆さん、大好きです。 その夢、ぜひ実現してほしいです。

じゃあ、具体的にどうするか? ポイントを述べます。


勝負科目は数学です!!
数学が合格ラインに届けば、他の科目もそれに引っ張られて伸びていきます。
そして全体としても合格ラインに達します。

こんなイメージです。

それじゃ、数学は何をやったら合格ラインに届くか?
答えはズバリ、「黄チャート」です!!


黄チャートをものにすれば福島県立医大はもちろん、多くの私立大・医学部にも合格できます。
まさにこの教材が合格のカギを握っているのです。

このことに気づいたとき、思わずガッツポーズをしました。
ずっと解けなかったパズルが解けた、まさにそんな感じです。

・・・・・・・・ ・・・・・・・・ ・・・・・・・・ ・・・・・・・・

そんな折、ふと目にした新聞記事。
「いわき市は医師不足で困っている」

いわき市民のほかに双葉郡から避難された方、さらに原発事故処理の関係者の方。
医療サービスを求める方はたくさんいます。

が、それに対応する医師が少ない。
よそから募集しても、わざわざ被災地に来てくれる方はあまりいません。
どうする?

地元から育てましょう。
いわきから医学部・合格者を輩出する。時間はかかるかもしれませんが、このほうが確実です。
そして当塾は、そのお手伝いができる!!


このことに思い至り、さらに医学部・合格のカギを握っているのは「黄チャート」だと気づいたわけです。
さあ、善は急げ。さっそく解説CD作りに着手しました。2015年1月のことです。

黄チャートは手ごわいです。
難しい問題がたくさんあるし、そのうえ厚い。
1A、2B、3の3冊を並べると、厚さが10センチもあります。

でも、ひるんではいられません。日々コツコツと作業を続けています。
まもなく完成させますから。きっと!!

高校生の皆さん、「黄チャート」を勉強してどしどし医者になってください。
そしてバッチリ稼いでください(笑)。

とくに県立医大・医学部は福島県の優遇枠があり、いわきの高校生は受かりやすくなっています。
ぜひ合格してください。いけますから。
ページトップへ戻る▲


「黄色チャート」(数研)

早稲田・慶応・上智を目指す皆さんへ
いわきの高校生と東京の高校生、いちばん差がある科目は英語です。
現役生と浪人生、いちばん差がある科目は日本史・世界史です。

この2科目の差を埋める。このことができれば、いわきの高校生も現役で早稲田・慶応・上智に合格できます。

じゃあ、何をどう勉強すれば良いのか?
具体的に述べますね。


(1)英語

英単語:

ポイントはこれです。単語力がなければ勝負になりません。「英語は単語が命」なのです。

おすすめは「英単語ターゲット」(旺文社)。それも1900をマスターしてください。
マスターするとは、8割はできるということです。
それ以下ではダメです。右ページにある例文が訳せればよいです。スペルは書けなくてもかまいません。


英文法:

教材のみ書きます。
2年生のうちに「セレクト70英語構文」(文英堂)をマスターします。
3年生になったら「ネクステージ」「即戦ゼミ3英語頻出問題総演習」(どちらも桐原書店)をやってください。
文法・語法・構文のところだけで十分です。


英文解釈:

「入門・英文解釈の技術70」(桐原書店)を、例題も演習も、両方ともやってください。
訳しかたの基本が身につきます。あとは学校の課題を、どんどんこなしましょう。


(2)日本史・世界史

定期テストの対策:

「詳説ノート」、「書きこみ教科書」(どちらも山川出版社)のいずれかをやってください。
東京書籍など、山川以外の教科書の方は「書きこみ教科書」がよいです。山川は押さえておく必要があるからです。


一問一答:

「よくでる一問一答・重要用語問題集」(山川出版社)がおすすめ。これ1冊で十分です。

本番に向けて:

「実力をつける100題」(Z会)がバッチリです。これ1冊をきちんと仕上げれば、他はいりません。
ページトップへ戻る▲


  英語・参考書  

東大・東北大を目指す皆さんへ
2つのグループに分けます。

A 東北大クラス
東北大、筑波大、千葉大、横浜国大など

B 東大クラス
東大、京大、一橋大、東工大、東北大・医学部


国立大に受かるには5教科7科目をこなす必要があります。
「優等生タイプ」じゃないと、これだけの科目数をこなすことはできません。

でも、東大や東北大レベルになると、単なる優等生だけじゃダメです。
それをこえる何か、突き抜けたものが必要です。
言ってみれば「すごみのある優等生」。そんな存在です。


じゃあ、どうやったら「すごみ」は出るのか?

ここで多くの人が勘違いしてしまいます。なにか特別な教材をやろうとするのですね。
その特別な教材をやれば、すごみが出てくるはず。そう信じて、その教材さがしに右往左往するわけです。


でも、違うんです!!

当たり前の教材、定番の教材を勉強するのです。
ただその教材を当たり前じゃないレベルまで勉強する。ここがポイントです。

ここ、大事です。
なので、もう一度言います。

当たり前の教材を、当たり前じゃないレベルまで徹底的に勉強する。
これが東大や東北大に受かる最大の秘訣です。



教材はこれまで述べたものでOKです。
ただBクラス・理科系の場合、数学は「青チャート」をやってみてください。


理科のおすすめ教材:

・センター試験のレベル
「センターはこれだけ!」シリーズ(文英堂)

・2次試験のレベル
「大学入試の得点源」シリーズ(文英堂)
ページトップへ戻る▲

  東大・安田講堂  

「ここだけやれば大丈夫」 という魔法のアドバイス
明治学院大に合格した方の体験記より:

苦手な日本史でも数学でも、塾長の、「ここだけやれば大丈夫ですよ」という言葉にとても助けていただきました。
焦っているときでも、「それならできるかもしれない」と安心することができました。自信にもなりました。



まさにここがポイントです。
受験で大切なことは「何をやるか」ではありません。「何をやらないですませるか」ということです。

ですから、「あれもやれ、これもやれ」という指導の仕方はいけません。
「あれとそれは、やらなくてよい。ここだけやれば大丈夫」という指導の仕方がよいですね。


受験生にとって最も貴重な資源、それは時間です。
その限りある時間を何の勉強にふり向けたら効果的か、それを的確に教えてあげるのが指導者の役割です。


受験生の皆さん、先ほどあげた教材だけでよいです。他に手を出さなくてかまいません。

そのかわり、それらの教材を徹底的にやり切る。本がボロボロになるくらい読み込む。
そこまでやり込んでください。そうすれば合格への道は、おのずと開けますから。


どしどし一流大学に受かってください。
被災地いわきの高校生でもできるんだ、というところを見せてください。

それって、めちゃめちゃカッコイイですよね。「ええかっこしい」の私は、そう思います(笑)。



めざせ、一流大学!!
かなり進学塾は全力で応援します!!


ページトップへ戻る▲


  塾の前にある桜  

Copyright (C) 2004-17 Kanari-Shingakujyuku. All Rights Reserved.